坊主が上手にHatenaに坊主のコードを書いた

ITBOZEによるIT技術の備忘録ブログ

CentOS用 Emacsの設定 Part.2

まだ、準備体操が続きます。。。

それから、bash好きの方、ごめんなさい。zsh使う前提で書いてます。。。


1.zshの設定

$ yum install zsh  
$ chsh  

新しいシェル [/bin/bash]: /bin/zsh  

$ curl -L https://github.com/robbyrussell/oh-my-zsh/raw/master/tools/install.sh | sh  

$ exec $SHELL  


2.rubyのインストール

Emacs上で rubyを書くときに、自動補完が欲しくて、robeを入れたいんです。


(1) rubyのインストールには、以下の3つが必要

$ yum -y install gcc openssl-devel readline-devel

readline-develは、robeの為に必要


(2) rbenvを入れる

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv


(3) パス、環境変数の設定

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc  
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.zshrc  
$ exec $SHELL -l  


(4) ruby-buildを入れる

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build


(5) インストールできるRubyのバージョンを確認

$ rbenv install -l


(6) Ruby2.x.xのインストール

$ rbenv install -v 2.1.3


(7)インストールの反映

$ rbenv rehash


(8) インストールしたものを使うと宣言

$ rbenv versions
$ rbenv global 2.1.3


(9) 確認

$ ruby -v

みなさん、お待たせしました。

次回、ようやく、Emacsの設定に入ります。