坊主が上手にHatenaに坊主のコードを書いた

ITBOZEによるIT技術の備忘録ブログ

Mac用 sahara(Vagrantプラグイン)のコマンド

以前は、様々なクラウドサーバー上で、CentOSの設定するとき、いろんな失敗した。

(1) 設定間違ったり、

(2) 不要なモジュールいれたり...

(3) インストールしたものがバージョン違いで、エラー吐いたり...

こんなときは、よくサーバーを作り直してた。

(時間の無駄だったなー。。。)

設定途中までは上手くいってたんだから、その上手くいってたところまで戻って、そこからやり直せたら、すごく楽。

できるよ。そう、saharaならね。。。

( Dockerは、この点が、すごく楽。ContainerをimageへCommitすればいいから)


1.saharaをインストール

$ vagrant plugin install sahara


2.ヘルプ

$ vagrant plugin -h


3.インストールしているプラグインのリスト

$ vagrant plugin list


4.saharaのアンインストール

$ vagrant plugin uninstall sahara


5.サンドボックス開始

$ vagrant sandbox on


6.サンドボックスの状態

$ vagrant sandbox status


7.以前の状態に戻す

$ vagrant sandbox rollback


8.コミット

$ vagrant sandbox commit


9.サンドボックス終了

$ vagrant sandbox off

ってことで、saharaのコマンドを整理してみました。

みなさん、参考になったでしょうか?